グループホーム みずこしの里

認知症高齢者施設 グループホーム みずこしの里
グループホームとは
認知性高齢者グループホームとは、軽度の認知症状を有する高齢者が、少人数(5人〜9人)でグループを保ち、ケアを受けながらできるだけ自立的な生活をするためのケア施設です。
入居者は、食事の支度や洗濯などを同居するスタッフとともに行い、個人に残された残存能力を最大限に活かし、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることにより、認知症状の進行を緩和することを目的としています。

もっとも心地よい居場所
我が家が一番なのは誰もが思うこと。でも、グループホーム等、他の施設を利用せざるを得ないこともあります。
「みずこしの里」では、安心とやすらぎを常に考え、我が家同然の心地よい居場所を提供します。

 
自立支援
設備や施設概要の詳細
ご入居の詳細
みずこしの里だより
グループホームについて
会社概要
リンク
お問い合せ
認知症高齢者施設 みずこしの里HOME